MOVIES

邦画・洋画、新旧問わず。映画館で見たものも、アマゾンプライムや、DVDで見たものも。ネタバレ満載です。悪しからず。


アジアの天使

(監督:石井裕也/主演:池松壮亮/2021年)

妻に先立たれ、一人息子とともに韓国で暮らす兄のもとへと向かった剛。偶然デパートで売れない歌手チェ・ソルと出会う。ひょんなことから再会した剛とチェ・ソル、そしてそのきょうだいたちは一緒に旅をすることに。言葉も文化も違う2つのきょうだいが、少しずつ距離を縮めていく……。

少年の君

(監督:デレク・ツァン/主演:チョウ・ドンユイ、イー・ヤンチェンシー/2019年)

進学校に通うチェンは、いじめを苦に自殺したクラスメイトの代わりに次なるいじめのターゲットになってしまう。ある日、不良少年のシャオベイと出会い、チェンは彼に「私を守ってほしい」と依頼する。孤独を抱える二人の間は、次第に愛が芽生えていくが、愛を守るために、二人は大きな秘密を抱えて離れ離れになる……。


ノマドランド

(監督:クロエ・ジャオ/主演:フランシス・マクドーマンド/2020年)

会社の倒産と共に、住まいを失ったファーンは、自分で改装したバンに亡き夫との思い出を詰め込んで、季節労働の現場を渡り歩く。行く先々でノマド仲間との交流しながら、その日その日を懸命に乗り越えて暮らす日々。アメリカ社会が抱える、高齢者の貧困の拡大という社会問題を浮き彫りにするとともに、ノマドとして生きる彼らの誇りを丁寧に描く。

 

SNS 少女たちの10日間

(監督:パーラ・ハルボヴァー、ヴィート・クルサーク/2020年)

12歳に見える大人の女優を3人起用。SNSを介して彼女たちにアプローチしてくる男性とのやりとりをつぶさに記録した、チェコのドキュメンタリー。相手が12歳の少女だとわかっていながら、卑猥な言葉を放ったり、ビデオ通話越しに自慰行為を見せつけたりしてくる大人だち。胸糞悪くて仕方なかったが、これが現実なのだと思い知った。


 ミセス・ノイズィ

(監督・脚本:天野千尋/主演:篠原ゆき子/2020年)

ここ何年もスランプに陥っている小説家・吉岡真紀は、夫と娘と共に、とあるマンションンに引っ越す。必死に原稿を書いていたある日の早朝、バンバンと大きな音が聞こえてきた。ベランダからのぞくと、隣人のおばさんが布団を力任せに叩いている。真紀は迷惑行為を指摘するが、何度も同じことが繰り返され、ついに堪忍袋の緒が切れる。真紀は布団バンバンおばさんの動画を撮影し、SNSで公開したのだが……。

 

ヤクザと家族 The Family

(監督・脚本:藤井道人/主演:綾野剛/2021年)

父親が覚醒剤によって命を落とし、天涯孤独となった賢治は、仲間とつるんで荒れた暮らしをしていた。ある日、ヤクザ同士の争いに巻き込まれひょんなことから柴崎組の組長に目をかけられる。賢治がヤクザになるまで、そして成りあがっていくさま、殺人を犯して服役した後の人生を描く。一度ヤクザの世界に足を踏み入れたら、「普通の幸せ」を手にすることはできないのか?


パリの調香師 しあわせの香りを探して

(監督・脚本:グレゴリー・マーニュ/主演:エマニュエル・ドゥヴォス/2019年)

かつて、ハイブランドの香水を次々に手掛けていた調香師・アンヌ。しかし、あるとき突然嗅覚がきかなくなり、彼女は華々しい仕事を失ってしまった。回復したものの、今ある仕事は地味なものばかり。そんな彼女の運転手として、離婚をし娘と月の半分だけでも一緒に暮らすことを夢見る、ギヨームがやってくる。2人は、「匂い」を通して距離を縮めていく。

夏時間

(監督・脚本:ユン・ダンヒ/主演:チェ・ジョンウン/2019年)

10代の少女・オクジュは、夏休みのとある日、事業に失敗した父と弟とともに、祖父が暮らす家に引っ越す。4人で始まった新たな暮らし。そこへ父の妹(オクジュにとっては叔母)が離婚の危機を迎えて転がり込んでくる。思春期のオクジュが抱く、さまざまな悩みや不安、葛藤。何気ない家族の営みを通して、少女が成長する、ひと夏の物語。

 


羊飼いと風船

(監督・脚本:ペマ・ツェペン/主演:ソナム・ワンモ/2019年)

チベットの大草原で牧畜をして暮らす、三世代の家族。素朴で穏やかな生活を送っていたが、近代化は進み中国の一人っ子政策の波が押し寄せていた。そんなある日、妻・ドルカルの妊娠が発覚する。喜ぶ周囲をよそに、思わぬことで彼女の心は揺れ動く。伝統的な信仰と変わりゆく社会の狭間に立たされ、次第にすれ違う家族。葛藤の末、彼女が選んだ道とは。

 

プラットフォーム

(監督:ガルダー・ガステル・ウルティア/主演:イバン・マサゲ/2019年)

真ん中に大きな空洞のある高層の建物に、1階層に2人ずつ、閉じ込められた人々。任意の階があてがわれ、階層は1カ月ごとに変わる。

 上から料理を乗せたプラットフォームが降りてくるときだけ、食事が可能。謎の縦空間で浮かび上がる、極限状態に置かれた人間の本性を鋭く描く。


聖なる犯罪者

(監督:ヤン・コマサ/主演:バルトシュ・ビィエレニア/2019年)

第92回アカデミー賞®国際長編映画賞にノミネートされた、ポーランドの作品。殺人の罪で収監されていた少年院でキリスト教にのめり込み、聖職者に憧れを抱く青年・ダニエル。しかし、前科者は聖職者になることはできない。仮釈放され足を運んだ教会で、ダニエルは「自分は司祭だ」と嘘をつく。思いもよらず、その嘘を信じた村人たちに司祭として祀り上げられ、村に馴染んでいくダニエル。司祭として、過去に起きたいたましい交通事故の遺族とも交流を深めていく……。

 

Swallow スワロウ

(監督・脚本:カーロ・ミラベラーディビス/主演:ヘイリー・ベネット/2019年)

大きな会社の跡取り息子と結婚し、郊外の大きな邸宅に暮らすハンター。存分に贅沢ができ、不自由のない生活。それにもかかわらず、孤独で、退屈で、満たされない心を抱え、彼女は押しつぶされそうだった。ある日、妊娠が発覚するが、素直に喜ぶことができない。そして、ぽっかり空いた心を埋めるかのように、衝動に駆られ、家にある異物を飲み込む。それは彼女にとって、つまらない日々に刺激をくれる、大いなる快感だった……。


HAPPY OLD YEAR

(監督・脚本:ナワポン・タムロンラタナリット/主演:チュティモン・ジャンジャルーンスックジン/2019年)

タイの新進気鋭の監督の日本初劇場公開作品。スウェーデン留学から帰国したデザイナーのジーンは、モノであふれかえる実家を断捨離し、ミニマルデザインのスッキリとした自宅兼オフィスにリフォームしようと考える。友人から借りたものやもらったもの、父親が残したものを手放しながら、ジーンはこれまでの自分や他人との関係性、向き合わずに逃げてきたものと対峙する……。

天外者

(監督:田中光敏/主演:三浦春馬/2020年)

時は幕末~明治初期。先見の明と類まれなる頭脳、熱い志を持ち、近代日本の経済の基礎をつくった男・五代友厚。」天外者=人並み外れた才能の持ち主」と呼ばれた知られざる偉人の生涯を描いた作品。江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の幕開けを敏感に感じとり、坂本龍馬とともに日本の発展のために尽力した五代友厚とはどのような人物だったのか?

 

 

 


82年生まれ、キム・ジヨン

(監督:キム・ドヨン/主演:チョン・ユミ/2019年)

キム・ジヨンは、夫と2歳の娘との3人暮らし。出産を機に仕事を辞め、育児と子育てに追われ、姑にいびられ、夫に理解されず、自分の居場所をなくていくジヨン。どこにでもいる、ありふれた女性の半生と日常にスポットを当て、女性の生き方、社会の在り方を鋭く描いた韓国の大ヒット作品。

おらおらでひとりいぐも

(監督・脚本:沖田修一/主演:田中裕子/2020年)

夫に先立たれ、独立した息子と娘とも疎遠。ひとり寂しい老後を送る桃子さんのもとに、ある日、3人の「寂しさ」の化身が現れた。変わりばえのしない毎日、歩んできた人生は正解だったのかと問う心。誰しもがたどり着くであろう、老いの日々を描く。


ミッドナイトスワン

(監督・脚本:内田英治/主演:草彅剛/2020年)

草彅剛演じる、凪沙(ナギサ)は、ニューハーフショークラブで働くトランスジェンダー。凪沙は、ひょんなことから、育児放棄気味の従妹の娘・一果(イチカ)を預かることになる。共に暮らすうちに、凪沙にはこれまで抱いたことのなかった「母性」のようなものを覚えていく…。

星の子

望み

両親と思春期の子ども。そんなありふれた形の家庭を舞台に、「家族の絆」と「信じること」をテーマに描かれた2つの作品。子から親、親から子と、信じる想いの向きは違えど、両作品とも、「もし自分が子どもだったら」、「もし自分が親だったら」と自らに置き換えて考えさせられる物語。

 


宇宙でいちばんあかるい屋根

(監督・脚本:藤井道人/主演:清原果耶/2020年)

14歳のつばめは、もうすぐ父と継母の両方の血がつながった妹が生まれてくることに、複雑な想いを抱えている。誰にも話せない心の内と葛藤する日々を送るつばめは、ある日、書道教室の屋上で不思議なおばあさん「星ばあ」に出会い、星ばあにだけ、本当の気持ちを語り始めるのだった…。

mid90s ミッドナインティーズ

行き止まりの世界に生まれて

 

アメリカで2018年公開、日本では2020年9月4日に同時公開された2つの作品の共通点は、スケートボード。かたやハリウッドの売れっ子俳優の初監督作品、かたやアメリカの貧しい街で生まれた無名の青年が撮ったドキュメンタリー。背景の異なる両作品をはしご鑑賞して思った率直な感想をまとめた。


(監督:瀬々敬久/主演:菅田将暉、小松奈々/2020年)

中島みゆきの名曲「糸」をモチーフに制作された作品。13歳で出会った漣と葵。葵を不幸な現実から救おうと漣は奮闘する。しかし失敗に終わり、ふたりは引き離されてしまう。その8年後再会を果たすが、またすれ違ってしまうふたり。さらに9年後、運命的な再会がふたりを待っている…。赤い糸で結ばれた男女の17年もの物語。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー

(監督:オリヴィア・ワイルド/主演:ケイトリン・デヴァー、ビーニー・フェルドスタイン/2019年)

高校卒業を翌日に控えた、がり勉女子高生・モリ-とエイミーの2人が、勉強ばかりしてきた高校生活を後悔し、卒業祝いのパーティに行くことを決意する。パーティに行くまでのすったもんだ、パーティ会場でのハプニング…。笑って泣ける「コメディ×青春」映画。


HONEY BOY

(監督:アルマ・ハレル/脚本・主演:シャイア・ラヴーフ/2019年)

ハリウッドの売れっ子スター・オーティスは、幼い頃のトラウマによってアルコールに溺れる日々を送っていた。更生施設に入れられたオーティスに命じられたのは、これまでの人生について書くこと。働かずオーティスの稼ぎに頼り生きていた父親との、父子ふたりの幼少期を、オーティスは振り返る…。

僕の好きな女の子

(監督・脚本:玉田真也/主演:渡辺大知/2020年)

駆け出しの脚本家である加藤は、美帆という年下の女の子に恋をしている。でも、美帆には好きな人がいるという。友達以上恋人未満のような関係性が続く中、想いを告げられない加藤。そのうち、美帆には彼氏ができてしまう。そして彼氏もまじえて3人で会うことになるのだが…。


パラサイト 半地下の家族

(監督:ポン・ジュノ/主演:ソン・ガンホ、チェ・ウシク/2019年)

2019年のアカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞を受賞した大ヒット作。半地下に住む貧しい家族が、裕福な家族を巧みに騙し、家庭教師、運転手、家政婦として働き始める。嘘に嘘を塗り重ね、後戻りできなくなった彼らに、悲劇が起こる…。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

(監督:田中 亮/主演:長澤まさみ/2019年)

長澤まさみ演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人の詐欺師が、巧みに大金持ちを騙すドラマシリーズの劇場版。シンガポールの大富豪の遺産を狙い、偽の隠し子を連れて乗り込み、壮絶な騙し合いバトルを繰り広げる。


はちどり

(監督・脚本:キム・ボラ/主演:パク・ジフ/2018年)

舞台は1994年の韓国。厳しい父親と学力主義の社会に反発するように、勉強もせず、遊んでばかりの14歳の少女・ウニ。兄姉や親友、ボーイフレンドとの関係にも悩むなか、ヨンジ先生との出会いがウニの心を少しずつ変えていく。思春期の少女の心の動きを繊細にとらえた作品。

ブルーアワーにぶっ飛ばす

(脚本・監督:箱田優子/主演:夏帆、シム・ウンギョン/2019年)

30歳のCMディレクター・砂田は、仕事に忙殺され、人の行為や優しさを否定したり、酒に溺れたりと、荒んだ毎日を送っていた。ある日、天真爛漫な友人・清浦とともに、地元の茨城へ帰省。久しぶりに家族に会い、どうしようもなく田舎な地元で過ごし、砂田の心に芽生えた気持ちとは。


その手に触れるまで

(監督・脚本:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ/主演:イディル・ベン・アディ/2020年)

ベルギーに暮らす13歳のアメッドは、1カ月前まではゲームが好きな普通の男の子だった。しかし、突然イスラム教の過激な思想に傾倒し、変わってしまった。ある日、お世話になった女性教師を「背教者」と決めつけて、殺害を計画する…。

MOTHER

(監督・脚本:大森立嗣/主演:長澤まさみ/2020年)

シングルマザーの秋子は、金と男にだらしなく、働きもせず親に金をせびったり、1人息子の周平を置いて男と出かけたり、傍若無人に暮らしていた。そんな母親から逃げることもなく、金が欲しい母親のために、周平は時に人をだまし、時に盗みを働き、挙句の果てに人殺しまでしてしまう…。


燕 Yan

(監督:今村圭佑/主演:水間ロン/2020年)

日本人の父と台湾人の母の間に生まれた、燕(ツバメ)は、5歳のとき兄を連れて台湾に帰った母を憎んでいた。ある日、父に頼まれ、台湾へ。23年ぶりに再会した兄弟が本音をぶつけ合ったとき、明らかになる真実とは。

精神0

(監督・撮影:想田和弘/2020年)

引退を決意した82歳の精神科医・山本昌知さんを追ったドキュメンタリー。引退直前の彼の姿、認知症の妻、そして彼を頼りに病院へ通う患者たちとの関係性を、リアルティのある映像で映し出す。老いとは、夫婦とは、仕事とは…。

 

 


チョコレートドーナツ

(監督:トラヴィス・ファイン/主演:アラン・カミング/2012年)

ドラッグクイーンのルディと、ゲイであることを隠して生きてきたポール。互いに惹かれ合ったふたりはある日、ダウン症の男の子を引き取ることを決める。家族とは親子とは夫婦とは、そして幸せとは何かを問う感動作。

365日のシンプルライフ

(監督&主演:ペトリ・ルーッカイネン/2013年)

26歳のペトリは、モノにあふれた生活から解放されたいと、自宅にあるものをすべて倉庫に預けた。そしてそこから1日1つ、必要なモノだけを取ってくる生活を始めた。365日の壮大なそして極端な実験を追ったドキュメンタリー映画。


セトウツミ 

(監督:大森立嗣/主演:池松壮亮、菅田将暉/2016年)

お調子者の瀬戸、クールな内海。性格が真逆の男子高校生2人が、放課後、河原に立ち寄っては他愛のない話をする。ただそれだけ。日本を代表する若手実力派俳優2人の演技力を堪能できる作品。

食べる女

(監督:生野慈朗/主演:小泉今日子/2018年)

「食」と「セックス」をテーマにした、筒井ともみの同名小説が原作。美味しい食事と、それを囲む、年齢も職業も恋の仕方も異なる個性豊かな女性たちが繰り広げるそれぞれの人生模様。


日日是好日

(監督:大森立嗣/主演:黒木華/2018年)

何か夢中になれるものを見つけたい。そう思っていた大学生の典子は、ひょんなことから茶道教室へ通い出す。作法の複雑さに戸惑いながらも続けるうちに、典子の中で大きな変化が起きてくる。

娼年  

(監督:三浦大輔/主演:松坂桃李/2018年)

「女なんてつまらない」。どこか冷めている大学生・リョウはふとしたきっかけで、娼夫の仕事を始める。さまざまな女性と身体を重ねていくうちに、彼の中の女性に対する想いが変わっていく。

 


太陽を盗んだ男

(監督:長谷川和彦/主演:沢田研二/1979年)

平凡な中学教師・城戸は、ある日、原子力発電所からプルトニウムを盗み、自らの手で原子爆弾を作る。爆弾を人質に、政府・警察を手玉に取って彼はいったい何を要求するのか…!?

感染列島

(監督:瀬々敬久/主演:妻夫木聡/2009年)

舞台は、2011年冬の日本。風邪のような症状で病院を訪れた男性が、3日後に急変。口と目から血を流して、苦しみのうちに死亡した。正体不明の未知のウイルスが、日本中を席巻し、国民が次々に罹患する…。